和訳:エンジョイ・シンプル・イングリッシュ 2024年5月15日「新幹線」

エンジョイ・シンプル・イングリッシュ
記事内に広告リンクが含まれています。

NHKラジオ英語番組『エンジョイ・シンプル・イングリッシュ』

2024年5月15日(水)放送分
世界に誇るメイド・イン・ジャパン
「Shinkansen -新幹線-」

全文和訳してみました。

森崎ウィンさんのオープニングとエンディングトークも、書き起こししています。

英語学習の参考にしてくださっている方もおられますので、直訳寄りにしております。

  • 直訳8割、意訳2割を意識しています
  • 巻末のword listの訳をできるだけ使用しています
  • 英語の語順になるべく沿わせています
    (スラッシュリーディング)
  • 意訳は私なりの解釈です
  • 極端に意訳した部分は直訳文も記載しました

お役に立てれば幸いです。

テキストには英文スクリプトのみ掲載されています。

オープニング 森崎ウィンさんのトーク

It’s time for Enjoy Simple English!

森崎ウィンです。

毎週水曜日は「Japan’s Top Inventions」

今回の発明は「新幹線」

東京ー大阪間の鉄道での移動時間を、半分以下に縮めることに成功した、技術者たちの物語です。

それでは聞いてみましょう!

Shinkansen -新幹線-

新幹線ができる前のことをご存知でしたか?東京から大阪まで電車で移動するのに6時間半かかっていました。

今日は、どのようにして優秀な技術者のグループが、世界的に有名な「新幹線」を作ったのか見ていきます。

この物語は1950年代に始まります。当時、さらに多くの人々が車や飛行機で移動を始めていました、電車ではなく。

この問題を解決するために、才能ある技術者たちが日本中から、新幹線プロジェクトのために集められました。

目的は列車を作ることでした、時速200kmで走れる列車です。

列車の設計を担当した技術者は、三木忠直みき ただなお氏でした。

第二次世界大戦中、三木氏は神風特攻隊に使用された飛行機を設計しました。

彼は悲しみました、実に多くの若者が亡くなったことを、自分の飛行機で。

戦後、三木氏は鉄道会社に入社しました、なぜなら、鉄道産業は平和の産業だと考えたからです。

高速列車にとって、良い形状が重要であると、三木氏は考えていました。

彼はよく言っていました。

「デザインが美しければ、列車は速くスムーズに走る。(直訳:列車は空気中を早くスムーズに動く)

田中眞一たなか しんいち氏は技術者で、三木氏と一緒に働いていました。田中氏は、新幹線車両の模型をたくさん作りました。ですが毎回、三木氏は否定しました(直訳:ダメだと言いました)

三木氏は、最終的にいくつかの模型を承認し(直訳:良いと言い)、それらは風洞ふうどう実験が行われました。
(直訳:風力装置を使ってテストが行われました/風洞実験については、和訳分の最後にある参考リンクをご参照ください)

彼らは、飛行機の機首(前部、フロント部分)のようなデザインに決定しました。

次に、車輪を付ける(車体の)下部を作る時が来ました。これを担当した技術者は言いました。

「日本で最も速い列車は、当時、時速110kmで走りました。
誰にも分かりませんでした、何が起こるのか、時速200kmでは。」

テスト中、速度が時速200kmまで上がると、車輪が揺れ始めました。

揺れが悪化すると、列車は線路から外れる可能性がありました。

それは大災害になるでしょう。

(車輪設計担当の)技術者は何日も考えました。そして彼は解決策を思いつきました。

彼は列車が左右に動くのを止めました、車輪に金属板を追加することで。それから、列車が上下に動くのを止めました、ゴム片を使うことで。

さあ今こそ、新幹線を試験用線路で試す時です。

1963年3月30日、技術者たちが新幹線に乗り、実験走行が始まりました。

最初、ことは順調に進みました。

しかし、列車の速度が時速200kmに達すると、新幹線は揺れ始めました。

全員が緊張しました。

新幹線は脱線してしまうのか?(直訳:新幹線は線路から落ちるのでしょうか)

ですがその後、揺れは止まりました。設計は上手くいきました!

その後すぐに、新幹線は時速256kmに達しました。これは新たな世界記録でした。

1964年、新幹線は東京から大阪への運行を開始しました。所要時間はたったの3時間10分でした。(直訳:3時間10分しか時間がかかりませんでした)

優秀な技術者たちによって生み出されたこの素晴らしい発明は、日本での旅行を快適で便利なものにし続けています。

和訳にあたり、下記サイトを参考にしました。

三木忠直さんの記事

田中眞一さんの記事(季刊 新日鉄重金 Vol.1(2013年10月)「鉄道ものがたり」参照)

風洞実験について

エンディング 森崎ウィンさんのトーク

もう新幹線ってすごい発明ですよね。

今の形はもう飛行機から離れて、どんどんどんどんカッコよくなってます。

今年の3月には福井県まで延伸されましたね。

早速、僕、先日ね、あの、福井の「桜まつり」に合わせて行かせていただきました。

それでは、See you tomorrow.

藤子

外大卒
オンライン英会話 5年目
TOEIC 830点

英語を使う仕事を経験してきましたが、英作文や英会話スキルがなく、英語コンプレックスがありました。
44歳で英会話だけに焦点を絞った学習法に見直し。
手探りながら自分なりに進めてきました。
発音スクール→ネイティブキャンプでカランメソッド→DMM英会話→QQEnglishでREMS(2024年受講中)
現在は、カタコト英語を卒業し、英会話中級レベルに。

当ブログでは、これから始める大人の初級者さん向けに、オンライン英会話のレッスン内容をご紹介しています。レッスンを受けた気になれるようなリアルなレポートを意識して書いています。あなたのお役に立てましたら嬉しいです。

藤子をフォローする
エンジョイ・シンプル・イングリッシュ
シェアする
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました