QQEnglish REMS 口コミ【LessonH 音声あり】内容・効果・感想・費用

QQEnglish
記事内に広告リンクが含まれています。

今回はQQEnglishで受講中のREMS『Lesson H』のレッスンを再現します。

REMSとは、については以下の記事で解説しています。
QQEnglish REMSを徹底解説(音声あり)スピーキング力向上の秘密とは?

この記事で分かること
  • REMS LessonHの内容
  • REMS LessonHの効果
  • REMS LessonHのレッスン数・時間
  • REMS LessonHにかかった費用

REMSも4ヶ月が経過しました。

本記事では、私の授業時の音声を使って現在のレッスンの様子と、4ヶ月目で感じている効果をレポートします。

音声の下にはスクリプトも書きましたが、最初はスクリプトを見ずに音声を聞いて、ぜひみなさんも『REMS LessonH』のエクササイズにチャレンジしてみてくださいね。

REMS Lesson H のレベル

REMSはLessonAから始まってTまでの20段階あります。

LessonHは8番目のステージで初級。中学2~3年生で学習する範囲です。

藤子
藤子

私は、初回レベルチェックでSection2判定でした。
そのため、私のREMSはLessonEから始まり、本記事のHは4個目です。

Section1Lesson
A
Ex.1-14
Lesson
B
Ex.1-12
Lesson
C
Ex.1-13
Lesson
D
Ex.1-23
Section2Lesson
E
Ex.1-16
Lesson
F
Ex.1-12
Lesson
G
Ex.1-15
Lesson
H

Ex.1-16
Section3Lesson
I
Ex.1-16
Lesson
J
Ex.1-18
Lesson
K
Ex.1-26
Lesson
L
Ex.1-18
Section4Lesson
M
Ex.1-15
Lesson
N
Ex.1-14
Lesson
O
Ex.1-18
Lesson
P
Ex.1-33
Section5Lesson
Q
Ex.1-15
Lesson
R
Ex.1-15
Lesson
S
Ex.1-14
Lesson
T
Ex.1-15

文章の長さは5単語~15単語。

LessonGまでと単語数は変わらなくても、単語がレベルアップし文字数が増えたので、単純に長いと感じました。

また、冠詞や前置詞より意味を持つ単語が多く、情報量の多いセンテンスが増えました。

LessonHは語彙強化がメイン

文法は中学レベルですが、単語は高1レベルも混ざり始め、学習する単語量も多かったです。

LessonHの単語
  • 一般動詞がたくさん
  • 方角
  • 果物
  • 名詞と動詞が同じ単語:hope, rise
  • 名詞と動詞の使い分け:refer, reference, prefer, preference …

ざっくり文法事項を並べると、

LessonHの文法
  • 未来形 will
  • 未来形 be going to
  • Why疑問文
  • 動名詞
  • 達成度を表わす副詞:half, fully, highly …

所々で文法解説もあります。講師が話す解説はテキストにも載っていますので、予習か復習時に文字でも確認できます。

主な構文は、SVCかSVOで変わらずですが、後ろに修飾語句がズラズラ続く長い文章が多かったです。

LessonHの主な構文
  • S + (副詞) + 一般動詞 + C
  • S + (副詞) + 一般動詞 + O
  • S + 一般動詞 + O + to 人
  • S + V + that X is Y
  • S + V + because X is Y
  • モノが主語 + V

前回のLessonGまでは人が主語の文章ばかりでしたが、LessonHからモノが主語の文章も登場しました。

私はいつもI, you,Weばかりを主語にしてしまい、モノを主語にするのが苦手。ネイティブや上級者はモノを主語にする文章が多く、その「THE英語」って感じのこなれた英文に憧れがありました。

どうやって学習すればいいのだろうと思っていたのですが、今回のLessonHが良い練習になりました。

モノが主語の文章のドリルは、この後、音声を聞いていただきながらご紹介しますね。

Lesson H エクササイズの構成

REMS Lesson H の構成
  • H1~H16の16個のエクササイズ
  • 3エクササイズに1回、総復習回のRevision Exerciseが登場
  • LessonHではRevision Exerciseが5回ある

1つのエクササイズの中で8~9個のドリルをこなします。最初に進出単語や文法解説を聞き、それらを使った文章をドリルで練習します。

ドリルの種類は固定ではありませんが、下の表で「★」マーク付きはLessonHの全エクササイズで登場し、その他のドリルはランダムで登場します。

ドリルの種類がランダムだからこそ、マンネリ化しません。
常に集中を促され、頭がフル回転し英語脳作りの脳トレに。

REMS Lesson H
エクササイズの構成

驚いたのは、カランメソッドそのまんまの応答問題が登場したとき。

講師:What’s the difference between A and B?
生徒:The difference between A and B is that A is ~, whereas B is ~

講師:What are the three forms of tear?
生徒:The three forms of tear are tear, tore, torn.

講師:What am I doing? (紙をやぶりながら)
生徒:You’re tearing a piece of paper.

カランメソッドではおなじみですが、リードなしで突然1人で答えを求められ全く答えられませんでした。カランメソッドを知らない人は、さらに面食らうのではないかと。

そしてこの質問が登場したのは、LessonHの最初の1回こっきり。今後のステージでも登場するのでしょうか…

QQEnglishでREMS Lesson H 受けてみた

では、REMS LessonHがどんなレッスンだったか、実際に私が受けたレッスンを再現していきますね。

あいさつ&進捗確認

REMS
レッスンスタート時のお作法
  • 自己紹介は名前交換だけ
  • スモールトークは講師による
    QQEnglishはスモールトークをする講師が多いです。2分前後
  • 進捗確認
  • レッスンスタート
H先生
H先生

Hello! Can you see me? And hear me clearly?

見えてる?聞こえてる?

藤子
藤子

Yes.

 H先生
H先生

My name’s H.
私が今日の先生 H。
What’s your name?
お名前は?

藤子
藤子

My name’s Fujiko.

 H先生
H先生

Nice to meet you, Fujiko-san.
How are you today?
今日はどない?

藤子
藤子

I’m doing well, thank you.
How are you?
ええ感じやで。先生は?

 H先生
H先生

I’m also good.
Thank you for asking.
私もいい感じ。ありがとう。

スモールトークをする講師なら、ここで「ご飯食べた?」とか「この後の予定は?」などから始まり2分前後軽く会話をします。

 H先生
H先生

Now, let’s have your “REMS” lesson.
Are you ready?
ほな、REMS始めよか?
準備は
ええか

藤子
藤子

Yes. I’m ready.
ええで、いこか。

ここからは指示されたとき以外、テキストを見ることができません。よほど聞き取れなかった場合を除いて講師からのチャットもなしです。

Revision Drill:前回の復習

REMSは必ず「Revision Drill(リビジョンドリル)」と呼ばれる前回の復習から始まります。

REMS Revision Drill とは

  • 前回授業からドリルを2つ
  • 2つのドリルは前回講師が選ぶ
  • 前回授業中に苦戦したドリルが選ばれている
  • 前回講師がレッスン履歴に書いてくれている

前回授業で苦戦したドリルが選ばれていますので、今回の授業前に復習してから臨むのがベスト。

 H先生
H先生

OK. Let’s start with your revision drills.

リビジョンドリルから始めるで。

【Revision Drill 1つ目】

今回はMixed Drillをご紹介します。

 H先生
H先生

This drill is a Mixed Drill.

ChangeとAddの指示がコロコロ変わるからMixです。

Mixed Drill
  • 講師が1回文章を指示
  • 指示は、Change(置き換え)かAdd(語句追加)のどちらか
  • 生徒が指示通りに文章を変える

実際の授業でやった復習パートをお聞きください。

下にスクリプトありますが、皆さんもまずは文字を見ず挑戦してみてください。

いかがでしたでしょうか。
文法も意味も両方理解できてないとこなせないのが、Mixed Drillです。

前日やったドリルなので記憶も新しく、4ヶ月目に入ったこともあり割とスムーズです。

音声のスクリプト:が指示や変更箇所
  • She likes books instead of movies.
    Repeat.
    She likes books instead of movies.
  • She likes books instead of movies.
    Change: Ana.
    Ana likes books instead of movies.
  • Ana likes books instead of movies.
    Add: reading.
    Ana likes reading books instead of movies.
  • Ana likes reading books instead of movies.
    Add: watching.
    Ana likes reading books instead of watching movies.
  • Ana likes reading books instead of watching movies.
    Change: films.
    Ana likes reading books instead of watching films.
  • Ana likes reading books instead of watching films.
    Add: in the theater.
    Ana likes reading books instead of watching films in the theater.
  • Ana likes reading books instead of watching films in the theater.
    Add: at home.
    Ana likes reading books at home instead of watching films in the theater.

【Revision Drill 2つ目】

この日は、2つ目の復習もMixed Drillでした。

 H先生
H先生

Let’s have another Mixed Drill.

実際の音声をお聞きください。

音声のスクリプト:が指示や変更箇所
  • They completed the books.
    Repeat.
    They completed the books
  • They completed the books.
    Add: finally.
    They finally completed the books.
  • They finally completed the books.
    Add: all.
    They finally completed all the books.
  • They finally completed all the books.
    Add: in the library.
    They finally completed all the books in the library.
  • They finally completed all the books in the library.
    Change: quickly.
    They quickly completed all the books in the library.
  • They quickly completed all the books in the library.
    Change: the students.
    The students quickly completed all the books in the library.
  • The students quickly completed all the books in the library.
    Changed: destroyed.
    The students quickly destroyed all the books in the library.
  • The students quickly destroyed all the books in the library.
    Change: workers.
    The workers quickly destroyed all the books in the library.
  • The workers quickly destroyed all the books in the library.
    Change: room.
    The workers quickly destroyed all the books in the room.
  • The workers quickly destroyed all the books in the room.
    Change: completely.
    The workers completely destroyed all the books in the room.

ギリギリセーフの文章もありましたが(笑)、これだけの語数でリテンションが効くようになったのは4ヶ月前から考えると大きな成長です。

この復習パート、4ヶ月目のLessonHでは5分弱ぐらいで終わるようになりました。1ヶ月目は8分ぐらいかかってましたので、早く反応できるようになってますね。

Exercise:メインのレッスン

今日のメインのレッスンです。

 H先生
H先生

We’re going to continue New Vocaburaly.

ほな、新しい単語の続きいこか。

今回は、1つのエクササイズの頭から最後までを経験して頂こうと思います。

私の苦手なモノ主語の文章がメインな回を選びました。

Vocabulary

エクササイズの始めは新しい単語の確認から。

Vocabulary
  • 講師が新しい単語の解説をする
  • 例文を講師の後にリピートする

では、実際の音声をお聞きください。単語2つ分の音声を抜粋しました。

ひそひそ声で必死に講師の言うことについていってましたね(笑)

音声のスクリプト:が指示
  • Repeat expectation.
    Listen. The noun of the word expect is expectation.
    For example. My expectation to win did not happen.
    Another Example.
    The expectation for the team to win is high.
    The expectation for the team to win is high.
  • Repeat preference.
    Please listen. The noun of the verb prefer is preference.
    For example. I have a preference for Italian food.
    Another Example.
    My preference is for ice cream, not chocolate.
    My preference is for ice cream, not chocolate.

約10単語繰り返します。時間で5分ぐらいです。

例文のリピート時は「Repeat」と言ってくれません

 H先生
H先生

Another Example.

これが合図で、同じセンテンスが2回繰り返されたらリピートします。ボーっと解説を聞いているとリピートできないので気を抜かず集中。

講師が読み上げる解説はテキストに書いていません。
聞くチャンスは授業中と自動録画(保存期間1ヶ月)のみ。意味が分からなければ質問もOKです。

【予習をしないからこそ実力が分かる】

私はREMSでは一切予習をしません。先にテキストに目を通してしまうと文字で覚えてしまうから。
初めて講師の声で文章を聞くことで、理解できた・できなかったが区別でき、自分の実力が分かります。
復習は授業中にできなかった文章だけをやればよく、弱点だけにフォーカスできて効率も良いです。

で、こちらが全然できなかったときの文章。

音声のスクリプト:が指示
  • Another Example.
    Those little boys like running around in the park.
    Those little boys like running around in the park.

主語と動詞がどれか分からずパニックになっています。

単語を確認して、初めて聞いた例文のリピートを踏まえて、最初のドリルへ進みます。

Repetition Drill

 F先生
F先生

Let’s begin with a Repetion Drill.

Repetition Drill
  • 講師が2回文章を繰り返す
  • 生徒が聞いた通りに再現する
  • 最後、講師1回→生徒1回

さきほどのVocaburalyで出てきた例文がほとんど。

最初から完璧に言えないのは当然で、このRepetition Drillの目的は、
・今からこんな型の文章を練習するんだな
・言いにくかった文章(=弱点)はどれか
この2点を把握することです。

では、実際の音声をお聞きください。

ルールでは1つの文章につき、講師2回→生徒1回→講師1回→生徒1回ですが、問題なく言えた文章は講師の判断で回数が省略されています。

音声のスクリプト
  • My problems at work are bothering me.
  • A house near a school should be a consideration.
  • A verb is defined as an action word.
  • The definition of the word “verb” is an “action word”.
  • She always locks the door to ensure safety.
  • We will be expecting to see you on my birthday.
  • The expectation for the team to win is high.
  • My dad prefers wine instead of milk.
  • My preference is for ice cream, not chocolate.
  • It’s time to go back home.
  • They badly need water now.
  • Those little boys like running around the park.

この日は、vocabularyから連続してドリルに進んだため、記憶が新しくてスムーズです。でも、区切りのいいタイミングで進行するのはめずらしく、日をまたぐことも多いので、Repetition Drillは苦戦するのが普通。

次からが本格的な反復練習です。ここまででリテンションが効かなかった文章がドリルを通して言えるようになっていきます。

Basic Sentence Expansion Drill

 F先生
F先生

Let’s have Basic Sentence Expansion Drill.

情報を付け足して、どんどん文章を長くしくドリル。

Basic Sentence Expansion Drill
  • 文章が少しずつ長くなる
  • 講師が1回
  • 生徒がリピート

モノが主語のセンテンス練習のドリルだけ集めました。

では、実際の音声をお聞きください。

「The expectation of ~」が主語なだけでこんなにできへんのか!とがっかりです(笑)

音声のスクリプト:が追加箇所
  • The expectation of my brother is simple.
  • The expectation of my little brother is simple.
  • The expectation of my little brother is so simple.
  • The expectation of my dear little brother is so simple.
  • The expectation of my dear little brother is so simple and exact.

次は応用編です。

Intermediate Sentence Expansion Drill

応用ドリルでは、講師のリピートじゃなくて、自分の力で英語を組み立てます。

 G先生
G先生

Let’s have Intermediate Sentence Expansion Drill

ドリルの名前が大げさですが、さっきの語句追加を自分でやるのがIntermediate(中級)

Intermediate Sentence Expansion Drill
  • 文章が少しずつ長くなる
  • 講師が追加する語句を指示
  • 生徒が適切な場所に追加する

文法と意味の両方が分かってないとできないドリル。文法だけor意味だけ分かってても正解できないんです。

では、実際の音声をお聞きください。

もだえ苦しんでますね(笑)

音声のスクリプト:が指示や変更箇所
  • Finding a house near a station is her consideration.
    Repeat.
    Finding a house near a station is her consideration.
  • Finding a house near a station is her consideration.
    Add: important.
    Finding a house near a station is her important consideration.
  • Finding a house near a station is her important consideration.
    Add: train.
    Finding a house near a train station is her important consideration.
  • Finding a house near a train station is her important consideration.
    Add: simple.
    Finding a simple house near a train station is her important consideration.
  • Finding a simple house near a train station is her important consideration.
    Add: now.
    Finding a simple house near a train station is her important consideration now.

2つ目の「Add: important.」の指示は、センテンスが長くて訳が分からずimportantをとりあえず最後に付け足して撃沈。
4つ目の「Add: simple.」の指示は、暗記はできているけど意味が取れてないので、付け足す場所が分かっていない。

REMSでは、完璧に言えるまで何度でもやり直しをするので、理解できないまま終わる文章はありません

ただの暗記ではなく、英語の型と意味、両方が理解できないとドリルが正解できないようになっています

そのおかげでドリルを終えることがすなわち1つの山を攻略したことになって、次に同じ型が現れるとスムーズに言えるようになるんです。

終わりのあいさつ

上に出てきたドリルやTransformation Drill(疑問文変換)、発音練習など、約8~9個のドリルを15~20分間休憩なしにやり続けて、時間がくるとキリのいいところで授業終了です。

 F先生
F先生

We don’t have enough time.
Great job for today.
Have a great day.
See you, bye.

藤子
藤子

Thank you. You too! Bye!

QQEnglishでは講師が終わるタイミングを決めます。キリがいいところまでやってくれるので、中には1分ぐらい延長してくれる講師もいます。

「読む」と「話す」ではむずかしさが全然違う
REMSをやると、読めるのに話せないのは脳の使う場所が違うからと気付くことができます。

REMS Lesson H かかった時間は?

LessonHは合計24回で終了しました。

Exercise19回475分
Revision Exercise5回125分
合計24回600分 (10時間)

REMSはテキストを前から順に進めて、時間が来たらキリのいいドリルで終了。次の授業は続きのドリルからはじめます。

REMS Lesson H の構成
  • H1~H16の16個のエクササイズ
  • 3エクササイズに1回、総復習回のRevision Exerciseが登場
  • LessonHではRevision Exerciseが5回ある

授業がエクササイズ単位で進むわけではないですが、単純計算すると、合計21個のエクササイズを1回当たり1個進んだことになります。

後半は時間がかかるドリルが増えたので進みが遅くなりました。その後半の音声がこちらです。リテンションが効かず考え込んで沈黙が多くなってます。

【おまけ音声】

REMS Lesson H かかった費用

QQEnglish REMSの費用
  • 月会費 7,348円 (月16回プラン旧料金)
    2022年10月以降の価格はこちら
  • REMS受講に別途費用は不要
  • テキストに別途費用は不要

REMS LessonHでかかった費用は月会費(月16回プラン)のみ。24回で終わったので、1ヶ月半分の月会費約11,000円(7,348円×1.5ヶ月)でした。

REMSに追加料金は不要です。

テキストは無料

REMSのテキストはQQEnglish会員であれば、誰でも閲覧・PDFダウンロードが可能です。

教材一覧のページからテキストを表示して、

右上のボタンからPDFをダウンロードしたり印刷したり。

授業中、発音ドリルなどでテキストを見るときがありますが、「持ってない」と講師に言えばチャットで送ってくれるので、あらかじめダウンロードしてなくても困りません。

授業中は必要ないので、使うのは授業外での復習のとき。私は書き込み派なので、自宅のプリンターで印刷しました。

REMS Lesson H の感想

私のREMSのスタートはLessonE。本記事のLessonHは4ヶ月目です。

LessonHでは、文法や構文ではなく「単語がむずかしくなったな」と思いました。知っているけど使いこなせていない単語を攻略していくのが目的のステージだと思いました。

自分が使える限られた単語だけのワンパターンな英語を何とかしたいと思っていたので、REMSが語彙強化にもなると分かり、この先もREMSを続けたいと思いました。

せっかくREMSのドリルで学習した単語も「その場限りだとまた忘れてしまう」と思ったので、学習した単語を使った例文作成を始めました。ノートに書く自習だとサボってしまうので、twitterに1日1回投稿することに。この先のステージでもがんばって続けて、REMSとの相乗効果を楽しみにしたいと思います。

REMS Lesson H 感じた効果

LessonH 感じた効果
  • 英作文が早くなった
  • リズムで英語を聞いて話すようになってきた
  • フリートークでのラリーが増えた

英作文が早くなった

私は現在の仕事が英文経理で、海外取引先へ問い合わせ対応で英文メールを毎日書いています。

REMS4ヶ月目で感じた変化は、英文メールを書く時に、文章の組み立てが少し早くなっこと。

これまでは、文法を理屈で考えていたのでパズルのように単語を並べていた感じですが、4ヶ月目は、自然と単語を組み合わせられるようになったんです。

自動詞・他動詞の違いも理屈ではなく「payが来たらforが付かないと気持ち悪い」みたいな感覚で、辞書を引かずに英作文ができる単語が増えました。

リズムにのって英語を聞いて話すようになってきた

英作文が早くなった理由も、英語が音楽のメロディのように、リズムで体に染みこんできたからだと思います。

上の本文内で聞いていただいた音声でも自分で間違いに気付いている所がありました。正解が分かっていなくても、先生が言ったときのメロディと同じように音がはまらないから「あれ?」ってなっているんです。

文法的に変だからというよりは「音程が合わない」みたいな、リズムで英語を聞くようになってきています。

フリートークでのラリーが増えた

今はREMS以外の英会話レッスンを受けていないので、REMS前のスモールトークが唯一のフリートークの場ですが、このスモールトークでも効果を実感しています。

以前は英作文がパッとできなかったので、時間を使う割には大した内容を伝えられなかったのに、4ヶ月目は、同じ2分のスモールトークでも会話のラリー数が増え、内容が濃くなりました

お互いの情報を短い時間で交換できるので、初対面の講師でもリラックスしてレッスンへ進むことができ、改めてコミュニケーションツールとして共通言語の大事さを実感しています。

もっとたくさんスムーズに話したいと欲も出ましたし、REMS続けていたらもっと早く話せるようになるかなと希望が持てました。

まとめ

QQEnglishで受けたREMS LessonHの内容をご紹介しました。

LessonHは語彙強化がメインのステージ。

REMS LessonHとは
  • 文法は、中学2年~3年レベル
  • 単語は高1レベルもある
  • 人が主語の文章だけでなく、モノが主語の文章も増える
  • 1文の中の情報量が多い
LessonH 感じた効果
  • 英作文が早くなった
  • リズムで英語を聞いて話すようになってきた
  • フリートークでのラリーが増えた

REMSは、スピーキング用の英語脳を作る脳トレ

文法無視で単語を並べるだけでも英語は通じますが、正しい英語を話せるようになる反復練習です。

メロディを口ずさむように、リズムで音で英語を体にインストールすることができます。

1ヶ月分キャッシュバック中
REMSが受けられるのはQQEnglishだけ

無料でREMSを受ける方法

英語がスラスラ話せるようになる効率のいい英語脳トレーニング「R.E.M.S」

REMSはQQEnglish以外で受けることはできません。QQEnglishの会員であれば誰でも受講できます。

追加費用は不要

REMSを受けるのに別途課金は不要です。月会費のみで受講できます。

他のテキストと受け方は変わらず、教材と講師を指定して予約するだけ。

無料体験でR.E.M.Sのレベルチェックを受けてみよう

QQEnglishの無料体験は、レッスンが2回あります。

1回目のレッスンは教材を指定できませんが、2回目のレッスンは好きなテキストを選ぶことができます。もちろんREMSも受けられます

REMSの初回はレベルチェックテストで、どのレベルから始めるかを決めます。
無料体験の2回目のレッスンでこのレベルチェックを受けられます。

QQEnglishの無料体験申し込みに必要な情報は、

  • 氏名
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 生年月日

クレジットカードなど支払情報は不要
手動で有料会員登録を行わない限り、自動更新されませんからご安心を。

登録手順は簡単。QQEnglish 公式サイトから画面の指示に従って進むだけ。

藤子
藤子

登録後すぐレッスンが受けられます。

英語ペラペラになれるメソッドをお探しなら、無料体験を利用してREMSをぜひ体験してみてください。

1ヶ月分キャッシュバック中
REMSが受けられるのはQQEnglishだけ

最後までお読みいただきありがとうございました。

QQEnglishの特徴
・講師数1,800名以上
 全員正社員
 全員TESOL取得(国際資格)
 デビューまで数ヶ月の研修
・カランメソッド正式認定校
・独自メソッドREMSも人気
・自動録画
・教材はセブ島留学と同じ内容

REMS体験記事
【1年受講】REMSとは?効果の秘密が分かりました。QQEnglish
【体験レポ】REMSレベルチェックは何するの?QQEnglish
【体験談】REMS15回目の効果を音声付きで紹介します。QQEnglish
QQEnglish REMS 口コミ【LessonE】内容・効果・感想・費用
QQEnglish REMS 口コミ【LessonF】内容・効果・感想・費用
QQEnglish REMS 口コミ【LessonG 音声あり】内容・効果・感想・費用
QQEnglish REMS 口コミ【LessonH 音声あり】内容・効果・感想・費用
QQEnglish REMS 口コミ【LessonI 音声あり】内容・効果・感想・費用
QQEnglish REMS 口コミ【LessonJ 音声あり】内容・効果・感想・費用
QQEnglish REMS 口コミ【LessonK 音声あり】内容・効果・感想・費用
QQEnglish REMS 口コミ【LessonL 音声あり】内容・効果・感想・費用
REMS 実際にかかった回数と時間をまとめました【QQEnglish】
REMS 実際にかかった料金まとめ【QQEnglish】
藤子

外大卒
オンライン英会話 4年目
TOEIC 830点

英語を使う仕事を経験してきましたが、英作文や英会話スキルがなく、英語コンプレックスがありました。
44歳で英会話だけに焦点を絞った学習法に見直し。
手探りながら自分なりに進めてきました。
発音スクール→ネイティブキャンプでカランメソッド→DMM英会話→QQEnglishでREMS(2023年受講中)
現在は、カタコト英語を卒業し、英会話中級レベルに。

当ブログでは、これから始める大人の初級者さん向けに、オンライン英会話のレッスン内容をご紹介しています。レッスンを受けた気になれるようなリアルなレポートを意識して書いています。あなたのお役に立ちますように☆

藤子をフォローする
QQEnglishREMS
大人のためのオンライン英会話レシピ
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました