和訳:エンジョイ・シンプル・イングリッシュ 2024年4月10日「修正テープ」

エンジョイ・シンプル・イングリッシュ
記事内に広告リンクが含まれています。

NHKラジオ英語番組「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」

2024年4月10日(水)放送分
世界に誇るメイド・イン・ジャパン
「Correction Tape -修正テープ-」

全文和訳してみました。

英語学習の参考にしてくださっている方もおられますので、直訳寄りにしております。

  • 直訳8割、意訳2割を意識しています
  • 巻末のword listの訳をできるだけ使用しています
  • 英語の語順になるべく沿わせています
  • 意訳は私なりの解釈です
  • 極端に意訳した部分は直訳文も記載しました

お役に立てれば幸いです。

テキストには英文スクリプトのみ掲載されています。

オープニング 森崎ウィンさんのトーク

(2024年10月の再放送時に追記します)

Correction Tape -修正テープ-

ペンで文字を書いている時にもし間違えたら、あなたは白い修正テープを使うかもしれません。しかし、これが日本で発明されたことをご存じでしたでしょうか?今日は、この便利な発明について詳しく見ていきましょう。

今日の物語は、1980年代初頭に始まります。

大阪のある消しゴム会社は気付きました、消しゴムの需要が減少するだろうと、なぜなら出生率が下がっていたからです。
(直訳:大阪のある消しゴム会社は気付きました、消しゴムが売れなくなるだろうと、なぜなら少数の子供しか生まれていないから。)

さらに、人々はコンピューターをより多く使用するようになりました。

消しゴム会社には新しい商品が必要でした。

当時は、書き損じを修正するために、白い修正液がよく使われていました。ですが、この修正液は乾くのに時間がかかり、乾いた後も、必ずしも滑らかではありませんでした。そのため、重ね書きがしにくかったのです。(直訳:これが上書きすることを難しくさせていました。)

多くの議論の末、開発チームはアイデアを思いつきました:書き損じを修正するために使える白いテープでした。

会社はすぐに試作品を作りましたが、問題がありました。

別所ナオヤさん、この会社で働いている方ですが、このテープの開発について聞いたことを教えてくれました。

「テープが薄すぎると、下に書いてある文字が見えてしまいました。テープに厚みがありすぎると、コピーを取ったときにテープが見えてしまいました。」

チームはこの問題を解決する方法を探しました。

驚くべきことに、彼らは主力商品からひらめきを得ました:消しゴムです。

その会社のいくつかの消しゴムには、上部に印刷された黒い文字がありました。黒い文字はまず透明のテープの上に印刷されました。それから消しゴムに貼り付けられました。そうすると、黒い文字が残りました。

おそらく、その会社はこの技術を使えるかもしれません。

やがて、チームはテープを作りました、それは片面が透明で裏面が白でした。

テープを紙の上に貼り付けると白い部分が残ります。これで、書き損じが隠れました。

これはうまくいきましたが、もう1つ問題がありました:テープの長さです。

テープが長すぎると扱いづらかったのです。

この問題を解決するために、チームはオーディオカセットテープに注目しました。

カセットテープの中には2つのリールがあります。テープは一方のリールから外れて、もう一方のリールに移ります。

その会社は修正テープに同じ仕組みを使用しました。

ついに、1989年に、その他のいくつかの問題も解決し終えて、修正テープが完成しました。

ですが、人気になるのでしょうか?

チームは大阪駅に行き、人々に試してもらうようお願いしました。ほとんどの人はただ通り過ぎるだけでしたが、1人のビジネスマンが立ち止まってくれました。

男性は、紙の上でテープを転がしました。書いた文字が消えました。そして、ペンを使って、テープの上に滑らかに字を書いたのです。

別所さんはこう言います。

「テープを使えば、書き損じを修正するのが簡単で、すぐに上書きできます。それが人々に感銘を与えました。」

やがて、もっと多くの人がこの新しい修正テープについて聞くようになり、日本の職場で使われ始めました。

後に、この製品は世界中に広まりました。

修正テープは、書き損じを素早く簡単に修正する方法で、今も人気が続いています。

ストーリーの元となったNHK WORLD JAPANの番組動画です。

エンディング 森崎ウィンさんのトーク

(2024年10月の再放送時に追記します)

藤子

外大卒
オンライン英会話 5年目
TOEIC 830点

英語を使う仕事を経験してきましたが、英作文や英会話スキルがなく、英語コンプレックスがありました。
44歳で英会話だけに焦点を絞った学習法に見直し。
手探りながら自分なりに進めてきました。
発音スクール→ネイティブキャンプでカランメソッド→DMM英会話→QQEnglishでREMS(2024年受講中)
現在は、カタコト英語を卒業し、英会話中級レベルに。

当ブログでは、これから始める大人の初級者さん向けに、オンライン英会話のレッスン内容をご紹介しています。レッスンを受けた気になれるようなリアルなレポートを意識して書いています。あなたのお役に立てましたら嬉しいです。

藤子をフォローする
エンジョイ・シンプル・イングリッシュ
シェアする
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました